MENU
ダイナミックな大鳴門橋をバックに記念撮影!

大鳴門橋

大鳴門橋(おおなるときょう)は、兵庫県の淡路島と徳島県鳴門市を結ぶ吊り橋。橋長は1,629m、中央径間は876m。幅は25m、主塔の高さは144.3m。

うずしおに一番近い道の駅『道の駅うずしお』

道の駅うずしおは、うずしおに一番近い道の駅。施設目の前、大鳴門橋付近には、無料展望台があり、世界3大潮流が流れる鳴門海峡が一望できます。目の前に迫る大鳴門橋は圧巻の一言。季節や時間とともに表情も変わり、何度訪れてみても新鮮な驚きが。タイミングがよければうずしおが観えることも。満潮と干潮のピーク時に見える潮の流れの速さを観るだけでも鳴門海峡の迫力を堪能できます。

おっ玉チェアに座ってここだけ写真を撮影!

道の駅うずしお内には、淡路島名産のたまねぎの形をした椅子があります。大鳴門橋をバックにしたおっ玉チェアに座って、ここだけでしか撮れない写真を撮影してみてください。